菓子製造業許可-3 どうやって工房を作ろうか

さて、港北区役所に行ってみたのは半年前。

20161017_122604_349

それからモヤモヤ。

夫が闘病中という事もあり入退院を繰り返していてなかなか纏まった自分の時間も取れないし、

私自信も目先の仕事もある。

おまけに有難い事に、小規模事業者補助金で採択された事業もありそちらも進めたい。

というか、それは絶対に進めなくてはならない。

しかし現状はどれも進んではいない。

気がつけば季節は秋に。

息詰まった。。。どれもこれも。

そんな時に、半年前に工房計画を友人の建築士さんに話していた事を思い出したのです。

私の漠然とした計画を再び相談する事にしました。

製造許可を取るためには改装が必要ですが、どれくらいの金額がかかるのかも全く分からず。

工房を作った事のある方は・・・と参考になりそうなものをネットで探すも、

それほど検索にも引っかからず。

自宅を改装して、製造許可を取るというのはやはりハードルが高いのかとも思いましたが、

取りあえず改装の見積もりをお願いする事にしました。

半年前に一度見に来て頂いていたので、電話での話の中でざっくりした見積額を聞きました。

改めて別日に建築士さんと大工さんと一緒に、しっかりした見積もりを出してもらうために

我が家までご足労願いました。。

予定している部屋は2階、やはり問題は水場でした。

20161025_104110_611

1階の部屋に工房を作るのでしたら、水場の事も大変では無かったそうです。

水を2階から1階の排水溝へ落とす、それも距離が遠い。

給湯器は水場予定の場所とは真反対に付いていてお湯をどう引っ張るかというのも

かなりネックのようでした。

新たに給湯器を付ける(お風呂を沸かすもので無いので低価格の物で)という案もでました。

予想通りここのところで見積もりが一気に跳ね上がりです。

初めに概算で聞いていた金額の倍以上になりそう。

水工事のところが一番かかるみたいですが、見積もりは改めて出してもらう事に。

図面は予め引いて持ってきて下さっていました。

後からの図面変更も可能という事でそれを持って設計士さんと

一緒に取りあえず港北区役所へと。

飲食店等の営業という課を再び訪ねます。

20160920_135217_794

今回は図面も持っているし、専門家も一緒なのでしっかりとした話になりました。

役所では、地域毎に担当者が決まっているようですが私の地区担当者は不在との事で

別の方が対応して下さいました。

14333194_971332662992474_6560445041668764901_n

私が提出したものは、家の図面と設計士さんが引いてくれた工房予定の部屋の図面。

係の方が、2層シンクや手洗い洗面器の位置。

収納庫や換気扇の有無、エアコン設置の確認やトイレと洗面所の位置と確認事項は

沢山ありましたが、こちらは設計士さんも一緒なので特に不備もなく難なくクリア。

そう、一人ドキドキしながら「何か質問されたらなんて答えよう」なんて思って同席しましたが

全くそんな事もなくすんなりと図面は受け入れられ拍子抜け。

「次回はこちらを記入して提出してくださいね」と書類一式を貰ってきました。

恐ろしく順調に進み一安心なのは勿論でしたが・・・・

その後しっかりとした出てきた物を見て、悩む事になりました。

金額もさることながら、設備の事も。

自分のイメージと全くと言っていいほど違っていたからです。

この続きは-4で。