東京都洋菓子協会主催の定期講習会

2月8日(水)に参加した、日本菓子専門学校の阿部悟先生の講習会に

参加した記事を掲載します。

今日の記事は、私が書くよりも100倍詳しい

日本菓子専門学校時代の同級生でスイーツライターの「あらいけいこ」さん

が書いた記事になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下 スイーツライター あらいけいこ さんの フェイスブックより。

東京都洋菓子協会主催の定期講習会に行ってまいりました。

講師は日本菓子専門学校で教鞭を執る 阿部 悟氏。

私もお世話になった、そして今もお世話になっている先生です。

デモンストレーションされたのは2品。

1つはこの季節らしいチョコレートのガトー。
「Dionysos(ディオニソス)」

Dionysosはギリシャ神話ではお酒の神。ローマではバッカスと呼ばれています。

阿部先生が作られた「Dionysos」はチョコレートのビスキュイ、ガナッシュ、チョコレートムースにグラサージュという構成。

ブランデーに漬け込んだレーズンがアクセントになっていました。

ムースの部分は森永のマニファクチュールを使っていました。

もう1つは流行りのレモンケーキをダコワーズ版にした
「Dacquoise Citron(ダコワーズ・シトロン )」
ダコワーズ生地にレモンゼスト、サンドされたバタークリームにリモンチェッロが入っていてさっぱりした風味でした。

上掛けしたチョコレートに使ったMeijiの彩味のレモンは酸っぱさにびっくりしました。

余談ですが、助手は昨年のTarte-1GPで第二位になった中西先生(中西 志帆さん)でした。

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしたか?

美味しさが皆さにも伝わったでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

スイーツライター あらいけいこ さんへのお仕事のご依頼も出来ますよ。

彼女のフェイスブックページは(リンクが上手く繋がらない場合は下記から)

https://www.facebook.com/keiko.arai.7165?lst=100003472489958%3A100005676031410%3A1518179841

スイーツライターとしての詳しい記事をご一読あれ。